Visual Studio SQLite拡張機能でDB操作性アップ!

sqlite2

目次

はじめに

紹介する記事は、「SQLite and SQL Server Compact Toolbox」の追加と操作手順です。

Toolboxとは?
Visual StudioよりSQLiteやSQLServerCompactを使いやすくするための開発支援ツールです。

本ツールを追加することでVisual Studioより、直接、SQLite、SQL Server Compactのデータベースにアクセスできます。またVisual Studio内よりSQLクエリを発行することも可能です。適用可能なVisual Studioのバージョンと対応データベースは下記です。

項目 説明
適用可能バージョン Visual Studio 2017 以降
対応データベース SQL Server Compact 4.0、3.5、SQL Server、 SQLite データベース ファイル

参考文献:marketplace.visualstudio.com

追加後イメージ

追加後イメージは下記です。
ツリーからデータベース操作が可能になります。

Visual Studio上で、SQLクエリも簡単に作成することができます。

追加メリット
・Visual Studio内よりデータベース操作が可能
・スクリプト自動生成やGUIよりテーブル作成が可能

追加手順

Visual Sutdioに「SQLite and SQL Server Compact Toolbox」を追加する手順です。
※Visual studio community 2022/Win11の環境で追加しています。


STEP1 拡張機能追加画面を表示
「拡張機能」タブ → 「拡張機能の管理」を選択。

STEP2 ツールを検索
「オンライン」を選択後、検索窓に「SQlite」と入力。

STEP3 ツールを追加
SQLite and SQL Server Compact Toolboxをダウンロードもしくはダブルクリックする。

STEP4 Visual Studioを再起動
拡張機能の管理画面の閉じるボタン押下後、Visual Studio自体も終了させる。

VisualStudio終了後にツールが追加処理されます。

拡張機能の管理画面


VisualStudio画面

STEP5 ツールをインストール
Visual Studio終了後、下記のダイアログが表示されるのでModiyボタンを押下する。

一時経過すると下記ダイアログが表示されインストール完了します。ダイアログ内のCloseボタンを押下します。

操作手順

VisualStudioにSQLite操作コンソールを追加する手順です。※インストール完了後、Visual Studioの立ち上げが必要です。

SQLiteコンソール表示手順

STEP1 ツリーコンソールを表示

「ツール」タブの「SQLite/SQL Server Compact Toolbox」を選択する。

STEP2 ツリーコンソールをドッキング
※VisualStudioと別ダイアログで表示された場合、ドラッグすることで下記のようにドッキングすることができます。

※ピンボタンを押すことで表示・非表示も可能です。

データベース作成手順

SQLiteデータベースファイルを作成する手順です。
STEP1 作成ダイアログを表示
「Data Connections」を選択し右クリック後、「Add SQLite Connection…」を押下する。

STEP2 データベースファイルを作成
「Create…」ボタンを押下する。

任意のデータベースファイル名を入力後、「保存」ボタンを押下する。

※作成パスはプロジェクト内にデータベースファイル作成すると管理上よいです。

保存後、「Close」ボタンを押下する。

下記のように追加されればデータベースファイル作成完了です。

テーブル作成手順

CREATE文を生成後、テーブルを作成する手順で説明します。
今回、「TBL1」テーブルを作成する例で説明します。

STEP1 テーブル作成GUIを表示
「Tables」フォルダを選択して右クリック後、Build Table(beta)…を選択する。

STEP2 テーブル名等を入力
テーブルに関する情報入力後、「Script!」ボタンを押下する。

STEP3 作成されたCREATE文を実行

クエリ実行ボタンを押するとテーブルが作成されます。

テーブル作成のクエリ(例)
CREATE TABLE [TBL1] (
[Id] INTEGER NOT NULL
, [Name] TEXT NOT NULL
, CONSTRAINT [PK_TBL1] PRIMARY KEY ([Id])
);

下記のようにテーブルが新規追加されれば、テーブル作成は完了です。

さいごに

「SQLite and SQL Server Compact Toolbox」を使うことで、別ソフトからデータベース参照することなく、Visual Studio内で完結するため、効率的に開発をすることができます。
また、クエリのスクリプトなど生成する機能があり便利ですね。もしVisual StudioでSQLite使う場合は、ぜひ入れて効率化を図りましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次